「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

エンタメ

たーたん原作で女優が歩道橋から飛び降りようとするシーンは何巻何話?漫画から脚本を変えた意図も調査!

たーたん原作で女優が歩道橋から飛び降りようとするシーンは何巻何話?漫画から脚本を変えた意図も調査!
Pocket

この記事では、「たーたん原作で女優が歩道橋から飛び降りようとするシーンは何巻何話?漫画から脚本を変えた意図も調査!」と題してお届けしていきます。

たーたんドラマ化に当たって、脚本が変更されたと炎上しています。

原作では女優が飛び降りるシーン。

ドラマ脚本では、漫画家が飛び降りるシーンとなっています。

「セクシー田中さん」のことを思い出す人が多いようです。

そこで今回は、

  • たーたん原作で女優が歩道橋から飛び降りようとするシーンは何巻何話?
  • 漫画から脚本を変えた意図とは?

について調査しました!

たーたん原作で女優が歩道橋から飛び降りようとするシーンは何巻何話?

たーたん原作で女優が歩道橋から飛び降りようとするシーンは何巻何話か調査しました。

 

女優が歩道橋から飛び降りようとするシーン:たーたん漫画2巻13話

女優が歩道橋から飛び降りようとするシーンは、たーたん漫画の2巻13話です。

血の繋がらない親子である、上田敦(43)とその娘・鈴(15)。

たーたんと言うのは鈴が幼い頃、「とうさん」と上手く言えず「たーたん」と言ったまま定着した呼び方でした。

そんな鈴は思春期真っ只中。

お母さんは絶対どこかで生きていると信じてお母さん探しを始めました。

 

女優が歩道橋から飛び降りようとするシーンのあらすじ

鈴が街頭TVで「全国のみなさん、こんにちはー!私 上田鈴っていいます!お母さんを探してます!」と言います。

そうすると、母を名乗る女性が現れました。

TV局の報道陣を引き連れてきたその女性は、迫真の演技で涙の対面を披露しました。

翌日も家で母親のように振舞い、妻のように振舞いますが、怒った上田に「鈴の生年月日や生まれた時の病院や体重を言ってみろ!」と言われます。

女性は女優志望でこの子を利用できるかもしれないと考えていました。

結局は嘘を吐き通す演技力もなく、泣きながら家から去って行った女性は歩道橋から飛び降りようとしました。

追いかけてきた上田は、「鈴の生まれた病院、ほんとうはおれ 知らないんだ。鈴は友達がおれに預けた子供なんだ・・」

「今のあんたみたいに、もう自殺するしかないって思った日にあの子がやってきた」

「生きていれば奇跡ってあるよ」

そういって、上田は泣き崩れる女性の肩をそっと抱きました。

 

実際ドラマ化されるハズだった話は、実際どんな風に描かれているんだろう…とちょっと気になりませんか?

そこで出来るだけ安く読めるところを調べてみたところ、残念ながら無料で読めるところはありませんでした。

最安値は大手DMMグループのDMMブックス。

初回登録限定で、このDMMブックスでは、90%オフクーポン配布中!

これを使えば1巻2巻合わせて92円で読めちゃうお得なキャンペーンです。

ここから見ると90%オフクーポンが貰えるので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

\ キャンペーン終了間近! /

たーたん原作で女優が歩道橋から飛び降りようとするシーンは何巻何話?漫画から脚本を変えた意図も調査!
今すぐたーたんを読む

「甥の一生」「姉の結婚」の西炯子先生最新作!

 

たーたん原作漫画から脚本を変えた意図とは?

先ほどあらすじを見てきたように、女優から漫画家に変更してしまうと意味が繋がらなくなってしまいますよね。

母親を名乗る女性が漫画家ということでしょうか?

一つ確かなことは、脚本が書かれたのは芦原さんの事件前のこと。

そのため芦原さんに関連して変更したのでは、とまで言われているのですが、そういうことは無さそうです。

漫画家に変えた理由としては、芦原さんに関係なく、今まで起こってきた女優さんの事件が頭をよぎる可能性があるという配慮なのかもしれませんね。

 

まとめ

この記事では、「たーたん原作で女優が歩道橋から飛び降りようとするシーンは何巻何話?漫画から脚本を変えた意図も調査!」と題して、

  • たーたん原作で女優が歩道橋から飛び降りようとするシーンは何巻何話?
  • 漫画から脚本を変えた意図とは?

についてお届けしてきました。